歯磨き

歯並びを治す方法

目立たない治療

歯医者

外側から見えない矯正システムとして人気なのが裏側矯正です。裏側矯正は、舌側矯正、リンガル矯正などとも言われていて、歯の裏側にリンガルブラケットという特殊な装置をつけて歯並び・咬みあわせを矯正治療をするのが特徴です。裏側矯正の魅力は何と言っても矯正していると周りの人に気づかれないことです。普通のよくある歯の表側に装着する金属ブラケットなどは笑ったり話したりするときに目立ってしまい、治療中は心理的ストレスになります。しかし、裏側矯正は目立たないのでストレスなく快適に治療ができます。裏側矯正は子供から大人まで出来ますが、特に大人になって社会生活に支障なく歯並びを治療をしたい人に向いています。

デメリットと注意点

裏側矯正は快適に利用できる矯正装置ですが、矯正についての注意点があります。歯にリンガルブラケットを装着すると、しばらく慣れない間は発音障害が出ます。また、裏側矯正は高度な技術を要する治療です。そのため、裏側矯正の治療経験が豊富なドクターを探して治療をすることが大事です。裏側矯正に限ったことではないですが、矯正中は歯磨きをしっかりして虫歯予防を心がけることです。装置に挟まりやすい硬いものや、くっつきやすいガムやキャラメル等は控えることも大事です。裏側矯正を検討するときに、おそらく一番大きな障害となるのが費用の面です。クリニックによって異なりますが、100万円〜150万円と表側矯正と比べるとかなり高額になります。